ブログトップ

vitaminbox2

nice68.exblog.jp

泣ける映画

私は一時映画狂でした。幼少の頃から洋画で育ち 洋画ばっかり見ています。エキサイトは食のブログで始めたので 映画の話になると飛びつきたくなるのを 少し抑えています(あんまり抑えてないかあ)。
これは参加したい!!カートさんのところからトラバアンケート:今回のテーマは「泣ける映画」
私こう見えて(どう見えて)結構 直ぐにグッとこみ上げるのです。いかん、のせられていると思うベタな映画でも 結構涙します。
音響効果にも弱く 良い音楽でもこみ上げます。
(でも先に泣けるよ、感動するよといわれると期待するので スカだったり、万人が泣いた大作では全く泣けなかったりする天邪鬼子ですが、、)
a0022502_16193218.jpg

街の灯*チャップリンが盲目の花売り女性に夢を与える映画。ラストシーンはチャップリンの健気な可愛い笑顔で涙がこみあげる。
●道*知恵遅れの少女が 暴君に買われて散々な目に合い、最後捨てられるのだが、少女の死後 その暴君が夜の波場で嗚咽するシーン、ざまミロ!と思いながら号泣(アンソニー・クイン)
●ひまわり*いつみても 泣き 曲を聴いてもジーンとくる。ぼたんさんのところに詳細が載っています。
●スケアクロウ*多くを語らない男の友情にポロポロ。
●カラー・パープル*黒人社会での女性差別、腹立ちながら涙溢れる。
フィッシャー・キング*複雑な内容だが、感動映画。

二段目(子どもが関係している映画)
●星の流れる果て(実話:騙され中東に定住させられた母子の脱出劇)
ライフ・イズ・ビューティフル(ベニーニの笑顔で もう泣ける)
●ホロスコープ、収容された子どもたち
●マイ・フレンド・フォーエバー(エイズの子どもとのわずかな時間)
ニュー・シネマ・パラダイス(映画を通しての人間模様、何回観ても涙)
火垂の墓(正に号泣、親になって余計、、)
●オリバー!
●パーフェクト・ワールド(殺人犯と厳格な家の子の逃走劇、ケビンの目がたまらんっす)
三段目(恋愛もの=ベタだが号泣)
●ゼフレッリのロミオとジュリエット(ロミジュリはこれが一番)
●マディソン群の橋
●恋におちて
忘れられない人(クリスチャン・スレーターとmitsukenさんの愛しのメリサ・トメイ)
つきせぬ想い(アニタ・ユン主演:元気な少女が突然倒れ、、、)
●黄昏(老いと反目しあう親子の葛藤シーン、実のフォンダ親子共演)
●二十日鼠と人間(スタインベック原作のあれ、、)
●海辺の家
4段目(芸術家もの)
●リトルダンサー(子どもを想う父親の葛藤に涙!)
●ピロスマニ(利用された画家の最期に、、)
●ほんとうのジャクリーヌデュプレ(実話:ショック!)
●不滅の恋・ベートーヴェン
シャイン(実話:抑圧されたピアニストの歪んだ留学生活に涙が、、)
告発(実話:怒りと哀しみが交錯します)
いまを生きる(いつみても ラストシーンは号泣です)
太字はいつでもかなり泣くものです。
思いついたのでこんな感じ。もっともっとあります。
●バレエの「愛と喝采の日々」とか
●「シラノ・ド・ベルジュラック」とか、、、
●追記「トーチソングトリロジー」ランチしていて思い出させてくれた友人に感謝。これも感動ものです。いや 長々すいません!!
a0022502_16584552.jpg
映画館で 我慢しすぎて 後あと 頭痛が止まらなかったのはシャインです。
[PR]
by nice68 | 2004-08-31 17:12 | FILM
<< トマト味色々 サムラート >>