「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

vitaminbox2

nice68.exblog.jp

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

娯楽映画♪

a0022502_19443126.jpg
観ましたよー。
私は絵本やアニメの方が好きだな。
チシャ猫は絵本通りの怪しい動き、犬の声がmyマイケル・スタイプか?と思ったww。
キャタピラーのさなぎになる部分が見事に再現されてました。
いろいろ思うところあったのですが
それでも、1分でも動かすのが大変な3Dなのだからスッゴイとしか言い様がない。
a0022502_2002199.jpg
私は「アバター」の方が衝撃度は強かった。画面がほんっとに美しかった。ただでさえ観ますが、部活の先輩がデジタルドメイン社にいるのですから、そりゃ、観ますとも。

部活の別の先輩の作品がコレ。是非是非観てください。
a0022502_19575885.jpg

舞台挨拶つきのチケットは29日12時半~、ここで買えます♪出演者全員でます。残り40席ぐらい(4月24日現在)。
[PR]
by nice68 | 2010-04-22 20:06 | FILM

デーモン君よ

a0022502_1443788.jpg
a0022502_1445726.jpg

Barks記事
いつでもツアーが出来ると思ってんでしょ?
そーはいかんよー。歌い続けた方が声は若くいられるぞ。

来(き)!

(屈折した呼び方)。
[PR]
by nice68 | 2010-04-20 08:04

やはり

a0022502_11535787.jpg

NMEは特集だね。
[PR]
by nice68 | 2010-04-20 07:53

UKpunk

NYundergroundで流れ始めたパンクロックブーム。UKに帰国して、あるバンドをプロデュースしたマルコム・マクラーレン、8日の訃報。9日はアクセスが倍だった。書けなかったです。
a0022502_17385680.jpg
波はレッド・ツェッペリンやグラム・ロック、プログレッシブ・ロック、サザン・ロックとギター技術がエスカレートして、曲名は難解な現代詩で、10分長時間演奏などざら。フュージョンと肩を並べるほど技術指向になり、ビジネス化していたロック界に突然、大きな石が投げ込まれ、その波が変わった。
a0022502_11261138.jpg
マイクスタンドによっかかり、狂気の顔を作り、王室を批判し、高い税金を市民に返せと社会派アジテーション歌詞で出現したセックス・ピストルズ。
a0022502_17391376.jpg
それを操ったのがヴィヴィアン・ウエストウッドとセックスと言うブティックを作っていたマルコム・マクラーレン(写真は最上段の右)。
a0022502_17384043.jpg
近づいてくる興行師たちへの扱いもわからず、国家の陰謀や、公安委員からミュージシャンを守れず、マスコミに叩かれ、シドはよく解らないまま、怒るキャラを通し、ドラッグと破壊で応え、大人の期待通りに死んで行った。ジョニーは賢く情勢も解って唄っていた。その後PILに移行したがレコードビジネスにパンク精神があわず。数年前fujiや世界のフェスに出ていたが、昔の名声にしがみついていて滑稽にみえた。淡々と新聞記事を書いていたら良かったのに(って勝手な言い分)。

ジョニーもシドもキレイな少年だったがイメージに叩き潰され、ピストルズは終わった。
a0022502_20234480.jpg
パンクといえば、暴力と破壊、自傷行為、濃いメイクに汚い格好、チェーンじゃらじゃら、汚い言葉遣い、下手でもガンガンギターならせば良い、といった負のイメージばかりが残ったが、あの時代に大きな影響力があった。

それだけに若者の大きな岩を英国の権力がつぶした。あの岩は「革命心」を呼び覚ました。本当に必要だった。そしてミュージシャンも音楽的アジテーションの復活を絶賛していたのに黙ってしまった。大人はその圧力を恐れ、若者を守らなかった、と当時の若者(わたし)はマルコムに対し憎悪感が増した。「自分を売り出したかっただけだ。NYドールズもピストルズもダメにした」。
以後、何をしようがピストルズを殺した男、として、好きになれなかった。
a0022502_11245573.jpg
しかし2年前、プロデュースされたNYドールズが、ピストルズが、そしてヴィヴィアン・ウエストウッドが彼を愛しているというのを読んで、東の日の出づる国の若者には解らなかったのだな、と思った。

ついでに思い出したこと。彼らと相反するものがディスコだ。

バブル経験話してくださいよー、ディスコでブイブイ言わせてたんでしょう、といわれると、あの頃のパンク精神が出てきて、ムカっとする。
私がそんな場所に行くように見えるのか、この子達は。
ロック好きは行かない、はっきりしていた。清志郎がディスコ行くか?常識で考えて質問してと思う。
a0022502_10565888.jpg

黒をまとい、新宿ロフトよ、アシベよ、屋根裏よー。JJガールから見たら汚いと思ったでしょうよ。中高年の男性なんかに奢っていただかなくて結構、ご飯ぐらい自分で食べます。高級料理は親と食べます。下戸だから酔いません、はっきりもの言います。セクハラと言う言葉がない頃ですから自分で自分をきちっと守らないと、タクシー券を使う娼婦になる落とし穴がたくさんあったのだ。自分に崇高でいたかったの。
でもその説明をするのが面倒くさーーーーーーーーーい(笑)。そういう流行場に流れないことが、自分では価値があることだったけど。いま、人は上っ面な仲間と中立の付き合いが大事で流されることも必要だったり、その割に強情だったり、難しい。良識というものも薄らぎ、自分に崇高であることがどれ程の価値があるかなんか、人のサジ加減だから説明しづらい。話せばくどくなりそうで、自分もヤダ。
a0022502_11253374.jpg

↑マルコムはビジネスマン。尻拭いせず、ファッション業界に戻った。
それでも、シニカルな英国人、関わった人たちがマルコムを惜しんでいるのだから、穏やかな幕引きだなと思った。
あっちの世界でシドに殴られてください。

ありがとう&ご冥福を祈ります。
[PR]
by nice68 | 2010-04-10 17:40 | MUSIC