ブログトップ

vitaminbox2

nice68.exblog.jp

<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

80th Academy Awards

事情があってアカデミー賞記事をアップできずにいました。親しい友人には書きたいんだけど、我慢、いつもはどんなに忙しくても書いてるだけど~、我慢~~!!!と告げておりました(何で~?笑)。さああ、解禁、書くぞ~!
a0022502_9135897.jpg
オスカー賞;後付になりますが、ピアフ役マリオン・コティヤールは、とると思ってたのよ~♪舞台裏でのコメントも可愛い!!もう一つ、作品賞も、毎年、観てもないのにコレでしょ?と勘予想して当たると嬉しい。予想はずれはケイト・ブランシェットのボブ・ディラン。あれは度肝抜くという程度で演技としてはどうかなんでしょうか。でもティルダ・スウィントン受賞も嬉しいです!ロック調の面立ち。「ザ・ビーチ」「バニラ・スカイ 」「コンスタンティン」 「ブロークン・フラワーズ」(まさにロ~ック!かっこE!!)「サムサッカー 」(すってきなママ役)で観てます。こどもは 「ナルニア国物語」でも観てます。「エリザベス」が2年連続とれるはずがない。そんなに国王存続肯定的な映画は要らないとなるでしょう・・・残念、ケイト!
ジョニー夫妻とケイトは常連で賞に華を持たせてくれたらそれでいいですね。ジャック・ニコルソンと二コール・キッドマンも。
しかし、ヨーロッパ勢頑張りました。ヨーロッパ映画への受賞を避けて、過去にはオスカー賞を疑問視させる作品もありますもんね~。

「モンゴル」は賞を逃しましたが浅野忠信さんはこれを機に数年後には受賞してほしい!おおらか。同じ事務所の菊池凛子さんもリアル目線コメント素敵でした。
a0022502_1022923.jpg
ハビエル・バルデムは以前「夜になるまえに」で観ていますが、濃いのよね~。ちょっとや、そっとじゃなく、相当濃い。エスプレッソに角砂糖10個入れて、マグカップで飲まされた感じ。でもスッゴイ演技派ですね。素の笑顔が可愛いかった。
ダニエル・デイ・ルイスを美しいと絶賛する友人が、当時(1994年)私が大好きだったジョニー・デップに、誰?チンピラみたいじゃなあい?と言っていたのですが、ジョニーの活躍、ダニエルが出ないことに反省をこめて5年前ぐらいに年賀状くれた事がある(笑)。ということでダニエルと言うとその友人を思い出します、良かったね~、2度目の受賞。
a0022502_9211785.jpg

作品賞 「ノーカントリー」
監督賞 ジョエル&イーサン・コーエン(「ノーカントリー」)
主演女優賞 マリオン・コティヤール(「エディット・ピアフ/愛の讃歌」)
主演男優賞 ダニエル・デイ=ルイス(「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」)
助演女優賞 ティルダ・スウィントン(「フィクサー」)
助演男優賞 ハビエル・バルデム(「ノーカントリー」)
オリジナル脚本賞 ディアブロ・コーディ(「JUNO/ジュノ」)
脚色賞 ジョエル&イーサン・コーエン(「ノーカントリー」)


今年の賞は脚本家のストも関係しているのでしょうが全体的に地味でした。音楽パフォーマンスもちょっとガツカリ。
戦地から米兵がノミネート作品を読みあげるのは天晴れ!戦争が太平洋戦争より長引いている事実を世界に、実態を知らない米国民の家庭に、配信できたことは素晴らしい。
嫌味タップリ、失礼こきまくりの司会。失言だらけじゃなかったですか?笑。政治家の名前の問題が初頭挨拶とは!気持ちよかった!でも日本でやると「何様?」ってなりますね~。謙譲、婉曲が美ですからね。美学も国それぞれ。
今年から毎年お願いしてた賞直後のパーティ模様が日本でも放映される事となりました。ルーーン♪
a0022502_9224569.jpg
おまけ:「ピーター&ザ・ウルフ」で短編アニメ映画賞を受賞したヒュー・ウェルチマン(左)ロッド・スチュアートかと思ったあ!
[PR]
by nice68 | 2008-02-27 10:55 | FILM

それぞれの選択

男と女の民主主義
[BShi]2/27(水) 後8:00-9:30
映像作家が個の視点から日本社会を描くシリーズ、
フィクションとドキュメンタリーの異なる手法で現代女性を巡る
1つのテーマを諏訪敦彦、五十嵐久美子両名が描いていく。
【語り】斎藤茂一
【VTR出演】辻香緒里,竹末実生,竹末光,田中哲司
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
TVはTVに呼ばれたものを観ることが多いのだけど、その中でも、このドキュメント映画はほんっとに「ちょっとごめん、これ観終わるまで動けない」となったほど。再放送のメールを頂きました。ありがとうござます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
妊娠したキャリアウーマンの我が子(30代)を見守りながら見つめなおす、その母(60代)の夫教育&キャリアウーマンの選択。
また群れる人達、感情に理付けし、仲間を装って浅はかな解釈で意見しあうコミュニティ社会、それに流されまいとする個人。子への溢れ出る愛情、子同志の思いやり教育、社会に出す責任感、と、対比し、仕事をやめ、自分でなくなっていくような意識との闘い、男への怒り、揺れ動く感情をうま~く表しています。(私は最初観た時泣けました)。
是非是非観てください。
myblog過去記事
おすすめ映画「デボラ・ウィンガーを探して」
[PR]
by nice68 | 2008-02-24 09:44 | FILM

RADIOHEAD 来ちゃう~!

a0022502_814343.jpgすっごーい!
RADIOHEAD来日決定!
息子のために(?自分だろが~!)
チケット手配せねば!
幕張メッセだけはヤメテほすぃな。
[PR]
by nice68 | 2008-02-21 08:11 | MUSIC

50th grammy awards

a0022502_8323079.jpg
昨日は友達が来た&夜は用事で結局全部は観られなかったのだけど、録画もせず適当。エイミー・ワインハウス4部門を受賞。お化粧を落として普段着着るとこの顔ね!というソックリなママンとの抱擁。第2のジャニス・ジョプリンやエディット・ピアフの出現を望む業界、幸せそうなその絵面は予定外だったのでは?!カニエ・ウェストはUKロック好きから観ると、もろゴロツキの香りがしすぎて引く。
ティナ・ターナー、フー・ファイ、ハービー・ハンコック、リンゴ・スターだけチェック!
でも開催されて良かったね。
[PR]
by nice68 | 2008-02-12 08:37 | MUSIC