ブログトップ

vitaminbox2

nice68.exblog.jp

<   2004年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

映画クイール

a0022502_14435292.jpg栗コーダーカルテットの音楽を聴くために「クイール」を観にいった。
 映画は動物相手なので製作が大変だっただろうと思わされるが、本に忠実でのんびりした映画だった。
 私が号泣したのは言うまでもない。ずるい!死まで追うなんて、、と思いながら涙がこぼれる。

More
[PR]
by nice68 | 2004-03-30 08:41 | FILM

世界を売った男

a0022502_17411348.jpg世界を売った男」、、これはボウイのアルバムタイトルで同名の曲もある。良く出来た題名だと感心する。
 昨日「ジーザスクライストスーパースター」を鼻歌で歌っていたのだがこれも素晴らしい題名だ。正にジーザスはスーパースター(人間と同等にしていいのか悪いかは別にして)。

GOOD TITLE
[PR]
by nice68 | 2004-03-29 17:40 | MUSIC

模様、柄

私のクローゼットは黒とストライプ、ボーダーものばかりだ。
タンスは モノクロと淡い色や原色のTシャツとボーダーばかり。
もともと60年代の母のスタイル、バービーや その妹スキッパーや スカーレット、そしてモッズスタイルが私のお洒落の基本になっているので それらが解る人は   ああ、ストライプにボーダーね、と理解してもらえると思うが、このタンスを見ると自分でも呆れるくらい 固執している感じだ。

More
[PR]
by nice68 | 2004-03-27 22:16 | FASHION

ニホイ

春で風が強いせいもあってか 様々なニオイがプ~~ンと漂う。
困るのが 知り合って日の浅い仕事関係の人や 子どもの学校の方と歩いている時、風に流されて 変なニオイが漂ってきた時だ。
下水なら独特のニオイだから解りやすいが 変にオナラや大ベンのニオイがしたら ちょっと気になる。そのまま会話を続けるのも良いが、いい具合途切れた隙に、「くさくない?」or「臭いません?」と聞いて 「うん、なんかね」と 共感してくれたら そこで笑える。しかし「え?全然!」といわれた日にゃあ、言った私が屁をこいたみたいではないか!!!
かといって 「そう?なんか臭いんだけど、、臭わない?」と続けると 全然臭わない方は  自分が何か臭いものを発していて その合図なのかなと 気になさるだろうから 「そっか、、」と素直に引き下がる。ああ言わなきゃ良かったと チイサ~イ後悔をする。
[PR]
by nice68 | 2004-03-26 00:53 | COMEDY

サディスティックミカバンド;シナロケ

日本で このバンドは センスといい、舞台といい 本当にかっこいい。
 昨今人前で歌ったり踊ったり演奏する人は 音楽だけで楽しませる以外 自分たちの役目を キチッと自覚して 体や仕草など整える努力をするのは当然で そう言う意味でもこのバンドは素敵&完璧だ。
 同じ時代の流れの中にあったサザンもユーミンも 私には心動かすものは なかったが、彼等は面立ちが今ひとつなので エンターテナーとして舞台を楽しませる努力をしているところがエライ!なんて思う。

More
[PR]
by nice68 | 2004-03-25 17:37 | MUSIC

鼻歌の自分

70年代のメロディアスな構成の音楽を朝聴いて 登校すると、授業中も頭の中で ずっとその音楽が鳴っていて、休み時間に KingCrimson,PinkFloyd,ELP,Bowie,などヤマとなる美しいフレーズのところを トイレなどで 口ずさんでみるのだが てんで話しにならなかった。
 オーケストラやコーラスも入るので 自分の頭では すべての楽器がなっていて 自分がボーカルになったかのように 口ずさむが、あ~~りゃりゃりゃ、、だ。
 それは今でも全くかわらず、今朝も朝食の用意をしながら ありゃりゃーとなった。頭では完璧なのに、声に出すと自分の声がいかにその音楽にあっていないか解る。
 特にあの時代の曲は 歌いやすい曲とそうでない曲がハッキリしている。
 でも先天性天邪鬼子の歌いたい曲は かなり歌いにくい曲なのだ。
[PR]
by nice68 | 2004-03-24 17:34 | MUSIC

チケットとバックステージパス

チケット管理が抜群な「ぴあ」が出来てから チケットのデザインは全く関係なくなった。以前はコンサートチケットは それぞれデザインが凝っていて記念になったのだが、コンピューター処理のチケットになり、どんなコンサートも同じなので 保存せず捨ててしまう。
しかしバックステージパスは ものすごく凝り始めた。簡単なシールでは偽造されてるからだろう。家のかたち、椅子の形、唇の形、リボン等と同じタレントでも 日にちによって違うシールという ところもある。
またロビーオンリー、アフターショウ、オールアクセスと バックステージパスにも段階があったりする。ネットがあるので バックステージに居る人でも信用してはいけないらしい。くつろぐタレントの盗聴盗撮などされかねない。
最近 事務所側が ストーカーやオタッキーから タレントを真剣に守らないと どれほど危険かが 明確になってきた。
先日ボウイがホテルを替わって、さっさか地下鉄で浅草に行って大騒ぎになったというのは有名だが、来日依頼した日本の事務所もボウイの事務所も大騒ぎだったろう、と、心中察す。
でも一ファンとしては、遭遇したかったなあ。遭遇したらやっぱりつけちゃうだろうな~
[PR]
by nice68 | 2004-03-21 17:31 | MUSIC

アンタッチャブル&チュートリアル

私の元気の元の一つに漫才がある。
「これからは笑いのわかる女性になれ」と父が「大正演芸会」を見せていたのがきっかけだ。幼少時代はストーリー性のある落語の方が好きだったが やがて漫才の可笑しさが理解できるようになり、てんやわんや、ツービート、巨人阪神、セントルイスを観ると元気になっていた。(本能的に落語家の変態ぶりを察したのかも・・昨今落語家の生き方、やばくない?)

うちは歌謡番組やドラマは観なかったので お笑いのネタから、その当時の歌謡歌手が何をしていたか、どんなドラマがあったか世俗を知った程だ。
漫才ブームなど来て中だるみがありコント番組や知ったネタが多くなり、少し離れたのだがやはりお正月の漫才は楽しみにしていた。
a0022502_1055552.jpg
爆笑問題がボキャバラ天国なんかに出ているのを観るともっと才能のある人たちなのに、と腹が立った。阿佐ヶ谷で下向いて歩いている太田光に何回 頑張れ!と声かけたいと思ったか知れない。ポンキッキに使われてからはうなぎのぼり、今では何本も番組を持つほどになった(才能は使われて益々発揮ってもんだ)。

ここ3年は 天才若手漫才師(と私は思う)品川庄司に はまっていたが又 コントが多くなったし、露骨に仲悪いのが一番気になるね=といいながらDVD一番持ってるけど、笑。
それで今は正統派漫才のアンタッチャブルとチュートリアルを応援している。
アンタッチャブルはつっこみ柴田の声が ややうるさいが、ボケは完璧!仲が良さそうに見せるのも好き。

変に「エンタの神様」なんかに出て飽きられて欲しくないな、、と思っている。
チュートリアルは ボケ徳井がなんか不安気な顔が良い。福田の目も!完璧なボケ突っ込みが多い中、ああいう未完成なボケで 笑わせるしゃべくり漫才コンビも珍しい(コントや ドつき漫才の中にはいるが、コントはほんとに面白くない)。今はこの二つのコンビが出ると嬉しくて元気になる。
[PR]
by nice68 | 2004-03-19 00:39 | COMEDY

はっぴいえんどでお目覚め

a0022502_17304375.jpg
今朝の目覚めは「はっぴえんど」セカンドアルバム「風街ろまん」。
彼等が活動していたときはリアルでは知らないが、小中学の頃 UKロックとバレエミュージックに浸りながら「はっぴいえんど」を気に入ってかけていた。
「さよならアメリカ、さよなら日本」と「はいから・びゅーちふる」「愛餓を」は衝撃だった。「さよなら~」は音が良いが歌詞はその「♪さよ~ならアメリカ、さよ~なら日本」2つのみ、「愛餓を」はただ「あいうえお、かきくけこ、たちつてと、、」と歌っているだけだ。かなり短い曲だ。なんていい加減な~~、だけど好き~と虜にされた。彼等は学生紛争に参加せず無我夢中で音楽を作っていたらしい。音楽への探究心と自信だろうか、かっこうつけず何でもチャレンジして録音し売り出していた。

More
[PR]
by nice68 | 2004-03-17 17:28 | MUSIC

The Who

70年代でギターを手にした少年少女たちはディープ・パープルのコピーを経て ジミー・ペイジやジェフ・ベックのコピーに入る人が多かったが、キース・リチャードという人は少なかった。特長あるフレーズがないからかな。その代わりパクられることは多い。
彼は人に危害を加えず 堕落した怠惰な生活を送り、ドラッグ浸しだったが それを支える仲間が居てギターだけは弾ける(仕事はできる)。そのハチャメチャな生き様が 結構男性の憧憬を買っていて男性ファンが多い。歌詞もなんかスケベなのでストーンズは殆ど聴かなったがDJしていた頃よくリクエストを貰った、、。

ビートと言えば イギリスではストーンズと同様にザ・フーが人気だったが アメリカの市場に乗らぬままで結局日本にも来日も果たさず、だ。

私はTHE WHOだけは観たい!!
子どもが小さい時も 車でこれは良いだろうと共に聴いていたのがTHE WHOとエルトンジョン,ELP,PFM,QUEEN,BOWIEである。これらはオーケストラも入るし、ピアノで作られたメロディアスな曲が多いので 子どもの脳波にも支障きたさないかな、なんて勝手な判断だ。(どうせ聴きたいものは聴くのだが、、)「さらば青春の光」=「四重人格」と「トミー」のサウンドトラックは今でもしょっちゅう聴くし、「フーアーユー」は名曲だ!声を大にして言いたい。
キース・ムーンもジョン・エントウィッスルも逝ってしまったので誰か加わって来日公演を果たして欲しい。とにかくロジャー・ダルトリーの声が出るうちに来日して!!懇願!
[PR]
by nice68 | 2004-03-17 17:23 | MUSIC