ブログトップ

vitaminbox2

nice68.exblog.jp

てんさい


昨日はハイテンションで仕事できた。

今朝 ipod shuffleでbowie's 6th album 「Aladdin Sane」(A Lad In Vain、A Lad Insane、A Land Insaneの造語Aladdin Sane)がかかる。学生の頃芸大の芸祭でこのピアノをいとも簡単に弾いている学生を目撃して愕然としたのを覚えている(うまいのは勿論、80年代にbowieのこのアルバムってのもね、びーっくりしたのです。そのマニアックさを誰からも評価されておらず、声かけたかった。
特にbowieは見た目だけでなんやかんや言うウンコが多かったので音楽的評価は後になってから、美男子って可哀想、笑。)

bowieはこの頃ジャズマニアのお兄さんの影響でジャズトランペッターやジャズピアニスト、黒人コーラスを使っている。サックスは一応bowie本人が吹いているけど。マイク・ガースンのピアノは艶、この出会い後、ジャンル越え、「diamond dogs」でオーケストラ駆使。ドイツ系音楽に傾倒していき、会社の豪遊散財&淫乱ぶりに嫌気をさし、zowieをつれてベルリン逃亡し絵を描いて子育てしたといわれてる。
アンジー曰く、「本物のアブノーマルは私、彼はノーマルなの、私の奔放さについていけなくなって逃げた」と。

この画像は「1980 Floor show」/1974のもの。世界中を震撼させたTVshow。賛否両論だったが、さまざまな業界に多大な影響を与えたのは言うまでもない♪♪♪


今では見慣れた「人文字パフォーマンス」の貴重な映像、これも衝撃でした。すごい、リハーサル記録があったんだ、嬉しいyoutube♪「sorrow」の彼女は今で言うnewhalf.

ミック・ジャガーと別れ、フレンチアイドルを脱し、ドラッグ漬けだったマリアンヌの手を引っ張って競演した画像もある

海外musicianの多くが来日時、新宿のブート屋でこのブートを購入するらしい。

この頃、一条ゆかり、大矢ちき、山岸涼子、大島弓子、竹宮恵子の作品で、たびたびこのセクシー羽、ロンドンブーツ、派手なスーツ、逆立てヘア等、bowieスタイルの人物が登場するようになる。小中時、「りぼん」や「花とゆめ」、「少女フレンド」、「マーガレット」で真剣にbowieチェックして姉と喜んでいた(笑)。当時東京&福岡ではこうしたカッコウの男子は見なかった、殆どロン毛だったのか、お子ちゃまが出かける時間は限られてて知らなかっただけかっ。
[PR]
by nice68 | 2009-06-06 09:03 | MUSIC
<< お店紹介 my love >>