ブログトップ

vitaminbox2

nice68.exblog.jp

SPARKS 4/23 2009

a0022502_7465828.jpg

sparks
いってきました。ロンのコントショーは相変わらず、爆笑させてくれます。
ウレシそうにニヤっと笑うあの顔にどーやらsheelaさんはやられた模様。

ベッドに寝たロンの後姿でオープニング。
ダンス部おネーちゃんたちパフォーマンスは観てる方にはずかし感があったけど
終始映像も舞台も魅せてくれました。
2部構成。
私は何より「プロパガンダ」(ジャケット写真)のファン。まさかアンコールでプロパガンダをするとは!!
「キモノマイハウス」ではEquator(赤道)が大好きだったのだけど、それも大ノリでした。
中学の頃、Equatorという単語を知っているのは正に私だけでした、笑。

EquatorEquator観客コーラズがエンドレス状態に。
もう唄えないと弱りきった演出をする弟ラッセルに
兄ロンがジャケットを着せると剥ぎ取り元気に終わりました。

ヤーよかったー。
笑顔のラッセル、あんなに気持ち良さそうに歌ってくれると嬉しい。
流石だな、と感心させられる。息継ぎ無しの早口歌だけど途切れない。すばらしい。

ミュージカル歌手のようでした。とにかくうまい!!!
顔が布施明にも見えたラッセルでしたがロンは変わらなかったー。
なんでもそうですが動いているのを生で観た方が良いですね。

74年に「キモノマイハウス」が代表作、BowieやRoxyMusicが大好きだった彼ら。
ドイツ語に聴こえる唄い方、ヨーロッパ語をごちゃ混ぜに入れる妙さ、
単調なメロディを裏切る展開、変わった曲が多かった。

80年代流行に合わせてテクノ風のポップスを唄ったので敬遠されてた時期もありましたが
元路線に戻ってきましたねー。去年のフジでもベストアクトと言われてました。
This town ain't enough for both us/kimono my house

[PR]
by nice68 | 2009-04-24 18:08 | MUSIC
<< 似て異なもの パーティ食 >>