ブログトップ

vitaminbox2

nice68.exblog.jp

サマソニ3

a0022502_1904696.jpg
グリーン・デイになると ラモーンズ代わりですねと解るようなスタイルで主張するロック世代から 最近まで僕ジャニーズ、ハロプロしか知りませんでした、というような子どもまで ガンガン球場に集まる。
(余談 ラモーンズは グリーン・デイの出現で 僕たちの作り上げた音を このバンドが引き継いでくれると 言い残して 解散し、この世を去った、、)
球場は 満杯で 既に真っ暗。



後方でロック・オデッセイに行ったカップルが その日の模様を 友達に話している。私も加わりたい気分、笑。

確かにロック・オデッセイの方が 客のノリが良かった。暴れるのではなく ロックファンとしてのカッコイイ見方なのか、ちょっとしたことで 一体感が出ていたが この会場は 結構バラバラ、一体感 無し。それも いいけどね。
しかし、、、、着ぐるみのウサギが 会場を盛り上げた直後「ツァラトストラはかく語りき」が流れ(私は大爆笑)いきなり演奏が始まる。
飛ばす飛ばす。会場 一体となり 大興奮。
若者が後ろで こんなノリのいいサマソニはじめてと言っているから へえ、そうなんだろう(ロックライブはこんなものだが、毎年つまらないのかな、ま、どうでもいいや)
グリーン・デイ、ファンを乗せるために やって来たと言わんばかり。
こんなに楽しませてくれたら 中毒になるわ、演奏も うまいしね、うわ~~~~~、楽しい。
(フーのこみ上げる感激とは全く違って ただただ 楽しい!!!)
会場からギター弾ける人(イタリケルゾト、と言い続けるので は?何?何かの呪文?トルコ語?何何?と思っていたら 英語で ギター弾ける人~~?と言うので やっと理解する、笑)ギター弾ける素人?をあげて 一緒に演奏 盛り上がりは絶頂。
 その乗せ方は フレディー・マーキュリーとダブル~~~ッ、と思っていたら 
アンコールの〆の曲は 「伝説のチャンピョン」。泣けるじゃない?
10年間グリーン・デイ贔屓だった私はもう そりゃ大満足。
サマソニ第一日目 最終 大掛かりな綺麗な花火で〆。
この花火で アンコールはもうしません宣言された感じで ちょっと哀しかったな。
[PR]
by nice68 | 2004-08-08 18:59 | MUSIC
<< サマソニ退場 サマソニ;2 >>