ブログトップ

vitaminbox2

nice68.exblog.jp

UDO ROCK ODYSSEY 2004

a0022502_1924813.jpg
待ちに待った「ROCK ODYSSEY 2004」
23日は 過ごしやすかったのに 24日は朝から雨が降り 湿度100%?10時ごろにはかなりの猛暑にもどった。横浜国際競技場=37度!
最初のバンド「ラブサイケデリコ」を見た時は11時30分ごろ 横浜小机駅から歩く歩く!!炎天下で ほんと~~にうだるような暑さ。しかしラブサイケデリコは 昨日も携帯から更新したけど 巧い。カッコイイ!!!!!!
「ラブサイケ」がなかったら フーの時間にのんびり行ったのだが、このバンドだけは見逃せない、遅刻したものの 見てよかった~~っと思えた。

次のジョシュ・トッドは カキ氷食べるために 見もしなかったが 音だけ聴くと まるで学園祭バンド。
ミシェル・ブランチは カントリー系、声が綺麗。

モッズスタイルでデビューした ポール・ウェラーも あんな自然体になるとは思いもしなかった。この時間は スタンド席で見た。アリーナに戻る勇気がない(暑すぎる)。
ピアノに ギターに シンセに 何でもこなせ、声がフィル・コリンズに似てきたと思うのは私だけかな?夫と息子はこの時間寝てるし。

大学の先輩や 長年の友人に現場でおち逢い 話したり 食べたりしているうちに、いよいよ
目的のTHE WHO の時間に。。。。。
始まる前から 会場はハイテンション。ピーターと叫んでは 拍手、ロジャーと叫んでは拍手、誰かがsee meというと、誰かがfeel me!と返す、曲名言っても 盛り上がる盛り上がる、警備も軽いので はじまる前から総立ちのブロック、笑。

ああ、出て来たぁ!ダイダイ大~~興奮。ちょっと席より前に出てしまいました。
いきなり「I can't explain.」ウワ~~(泣き顔)両手で顔を押さえて キャ~~!両腕を挙げて 手拍子&ジャンプ!
「substitute」一緒に熱唱!!

初来日 今までの40年間のヒット曲から選りすぐり演奏してくれた。

文句タレの夫は最初「the whoなんか今更よか!キース居ないのはthe whoじゃない」とかまず否定からのヤツ。そのくせに、ピート・タウンゼントの変わらぬ弾きかたに 感涙してるし。感謝せい!
ほんと音は深くなっているし 元気だし ロジャーより声は出るし。
(その夫 今朝 合宿中の息子を東京駅まで送ったら その足で大阪ドームにも行っていい?だと、爆)

リンゴ・スターの息子 ザックは リンゴ・スターに似てきた!!そしてリンゴより上手かった!キース・ムーンを受け継ぎ太い音だった!!

アンコール前に 一度全員肩を組んで 挨拶。アンコールで「ピンボールの魔術師」

ロジャー・ダルトリーの声も健在で(猛暑で苦しそうだったが) 映画「TOMMY」の時のように遠くを見据えて 微動だにしないロジャーに ゾクゾクしていると 「きゃ~かっこよすぎる!」と叫んだら、大喝采!!!やたら感動。

 ピート初来日なので若い頃頻繁にやっていたギター壊しまで わざわざやってくれるサービスぶり。
(ヴァインズが 悪態ついて「日本人はどーせ英語わからないくせに、」と暴言はいたのが報道されたからか)「片言 英語」でゆっ~~くり話してくれたお茶目でやんちゃなピートも流石英国人、サービス精神旺盛。

最後 ピートとロジャーと肩を組んで お辞儀をし、手を振ってくれた。この二人に敬礼!涙、涙。

thank you!! と何回も言ってくれるのだが こちらこそ 解散しないで 頑張ってくれて 来日してくれて 有難う!!!!!!

放心状態のまま、薄暗くなってきたのが 7時過ぎ(ロンドンでは夜9時半くらいの ウエンブリーのあの雰囲気)

エアロスミスが始まった。変わらない姿!ジョー・ペリーはみとれる。スティーブンと ほんと仲が良い。ステージも華やかで ライトアップも良かったが 数曲見て 避暑地で合宿しているのに 帰宅させた子どものために 早めに帰ることに。
(エアロファンごめんね、私たちは フーで 体力消耗しちゃった)
子どもは幼い頃からTHE WHOとQUEENはヘンデルやチャイコフスキーと同じような頻度で聴いて来たので THE WHOを見られて大満足。
娘が意外とすっごく盛り上がっていたので 私も嬉しかった。
小学生までは こういう大きな爆音はあまり味合わせないようにしていたので 初ロックコンサートだった。ちょっと爆音嫌がるかなと思ったけど、心から楽しんでくれて 母満足!
帰りの電車で「フレディー・マーキュリーのトリヴュートDVDで 知っているロジャー・ダルトリーが10年たって急に老けていたのにはショックを受けた」だと。そりゃ、、ね、、仕方ないよね。ピート・タウンゼント 59歳、 ロジャー・ダルトリー 60歳だもの。

こちらも二の腕 ふりまくったあ!

早めに引き上げていたら 友達も早めに引き上げて帰っていた。同じ趣味の人ってすることも似てくるのね~。笑。
わざわざ待ち合わせしているわけでもないのに逢うのは 縁?

興奮状態で 締め切りの絵を描きながら フーのCDをかけ ここの修正ばっかり入れている私
[PR]
by nice68 | 2004-07-25 08:44 | MUSIC
<< 居酒屋 ロックオデッセイに行った >>